給料の前借りをして嫌がられた話

兵庫県在住のY.Mさん(46歳)
自分は博打にハマってしまい給料を前借りしたことがあります。

ハマったのは40歳ごろだったでしょうか。
遅いじゃないかと言う人もいるでしょう。
それまでは、仕事が忙しすぎてばくちどころでは、なかったのです。

会社経営。そして博打にハマる・・・

友人と会社を立ち上げたまでは良かったのですが、バブルの波に乗り忙しかったのです。

ですが、バブルがはじけ不況の影響で会社もつぶれました。
その頃は就職氷河期と呼ばれていた時代でもあり、再就職先もほとんどありません。
ましてや会社を潰した中年男性を雇ってくれる会社がどこにあるというのでしょう。

それで少しでも儲けが出ればと言う気持ちで、博打を始めてしまいました。

最初は、競艇です。
競馬は18頭も走るため当たる気がしませんでした。
だから競艇です。

それでもなかなか当たりません。
たまに当たると、そのお金を持って夜の町に遊びに行きます。
ですからお金が残る分けありません。
そのうち貯金も無くなりクレジットカードでキャッシングするはめに。

ですがそれも長くつず来ません。
ついにはキャッシング枠が一杯になって、日々の生活にも困るようになりました。
そのため食料品や衣服、交通費などの生活費をクレジットカードのショッピング枠で購入するようになりました。

さらに税金も滞納・・

手持ちのお金がほとんど無くなってしまい、税金も滞納するようになってしまいました。
まずは毎月払っていた国民健康保険と国民年金です。
合わせて毎月2万円近くだったのですが、さすがに払えずに滞納することになります。
次に3カ月おきに払っていた住民税です。
こちらは3ヶ月に1万5千円程度だったのでまだましだったのですが、1年滞納した所で催促状がバンバン届くようになりました。
ただ税金については税金滞納の解決法というサイトで他の人の対策を真似して事なきを得ました。

給料の前借りに手を出してしまう

税金の滞納に苦労したときにクレジットカードのショッピング枠も使い切ってしまったため、働いていたアルバイト先から給料を前借りしてやりくりをすることになります。
ただ給料を前借りするのは、会社の経理的に面倒臭いらしく2回目でもう最後だと言われてしまいました。
また社長に「給料を前借りする奴にまともな奴はいない」と、お酒の席で言われてしまい、そう思われていたのかとショックを受けたこともあります。

皆さん、博打だけはやらないように注意しましょう。
借金をアルバイト代で返すのは本当に大変です。

自分は何とか友人の力を借りて返済することができましたが、今後はキャッシングや給料の前借りをするつもりは一切ありません。